“螢雪”の読み方と例文
新字:蛍雪
読み方割合
けいせつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
爲にも及ばじ依て小西屋へ參りし醫師は何れの者やららずとせんて其方も醫師の事ゆゑ今越前が問たきことありそも/\醫師は螢雪の學のに年を人の生命
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
法諱を聞けばそのころの三歳児も合掌礼拝すべきほど世に知られたる宇陀朗円上人とて、早くより身延の山に螢雪の苦学を積まれ、中ごろ六十余州に雲水の修行をかさね
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
篠原勤は英国ケンブリジの学校に螢雪の功を積み。ついに技芸士の称号を得。なお帰途欧州各国に歴遊し。五カ年の星霜を経てようやく帰朝せしに。養父は思いがけなく華族に列せられ。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)