“螢草”の読み方と例文
新字:蛍草
読み方割合
ほたるぐさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、しぼんだ螢草のように、どす黒くなった彼のくちびるは、わななくのみで、かすかにも、もののことばをつづる事ができません。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
螢草鴨跖草なぞ云って、草姿は見るに足らず、唯二弁よりる花は、全き花と云うよりも、いたずら子にられたあまりの花の断片か
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
足もとに空色の螢草の花が、一脆気に咲いていたが、花弁がかすかに顫え出した。花に添ってお菊の素足がある。それが顫えたがためであろう。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)