“螢石”のいろいろな読み方と例文
新字:蛍石
読み方割合
ほたるいし50.0%
フリウオリイン50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雲、空、風、雪、うすい氷、紅藻の揺れ、夜水中でこまかくきらめく珪藻類の光、鸚鵡貝螺旋紫水晶の結晶、柘榴石の紅、螢石の青。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
而してその日かげの紫は、正に濁つた螢石の紫である。其間にも殊に光つた岬影の一部は、あかあかと熱せられたる電氣暖爐の銅板より外に比較の出來ない光澤に閃めいて居た。
海郷風物記 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)