“柘榴石”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ざくろいし50.0%
ガーネット37.5%
ざくろせき12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雲、空、風、雪、うすい氷、紅藻の揺れ、夜水中でこまかくきらめく珪藻類の光、鸚鵡貝螺旋紫水晶の結晶、柘榴石の紅、螢石の青。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
鎖の先に燃える柘榴石は、蒔絵蘆雁を高く置いた手文庫の底から、怪しき光りを放って藤尾を招く。藤尾はすうと立った。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その岩は黒く光る柘榴石である。それが底の方に幾つともなくがつてゐる岩の群を抜いて、大約一万五千乃至一万六千呎位真直に立つてゐるのである。
うづしほ (新字旧仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)