悟浄出世ごじょうしゅっせ
寒蝉敗柳に鳴き大火西に向かいて流るる秋のはじめになりければ心細くも三蔵は二人の弟子にいざなわれ嶮難を凌ぎ道を急ぎたもうに、たちまち前面に一条の大河あり。大波湧返りて河の広さそのいくばくという限りを知らず。岸に上りて望み見るときかたわらに一つ …
作品に特徴的な語句
おもんばかり あいつ かしら とうと むな こうべ おしえ 黒瞳こくとう きわ がら いや 魚族いろくず 教訓おしえ 位置ところ すぐ おのれ きょう 均衡つりあい つつ 転生うまれかわり とつ 渦巻うずまき 浄業じょうごう そそ 泥濘でいねい ふくべ なま とど 救済すくい 揺動ゆれうご まばた わざわ はい 立停たちど うれ 愚者ぐしゃ かげ ひるが きよ あた 徴候しるし はじ くさ さいな しりぞ 妖怪ばけもの 装置しかけ わか 大家たいか 解答こたえ 訓言おしえ そと たず いい 固執こしゅう 困憊つかれ たた もと 嘲笑ちょうしょう くら 赤水せきすい 走者けもの うた とう 路傍ろぼう かな いと なろ 陰翳かげ 味気あじけ 鮎子ねんし おまえ いにしえ 仮寝かりね あざ おとがい 何故なにゆえ ほろ くだ 骨髄こつずい あお ひとみ 瞑想めいそう 眼差まなざし 白皙はくせき 真砂まさご 真経しんぎょう なが 眼玉めだま