“固執”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こしつ66.7%
こしゅう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いつでも早速に相変化転するのが陣形の本質で、鶴翼でも蛇形でも鳥雲の陣でも、そのままに固執したりするのでは、死陣であって活陣ではない。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
対馬守がこれを外国公使館の敷地に当てようとしたところ、織部正が江戸要害説を固執してじなかったために、怒って幽閉したのを憤おって自刃したと言う憶測だった。
老中の眼鏡 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
彼らはいずれも自己の性向、世界観に絶対に固執していて、他との討論の結果、より高い結論に達するなどということを知らなかった。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
客観情勢がどんなに変化しても、一つの政策を頑固固執していると、基本目的が失われる危険がある。そうなると正に本末転倒である。
政治学入門 (新字新仮名) / 矢部貞治(著)