老中の眼鏡ろうじゅうのめがね
ゆらりとひと揺れ大きく灯ざしが揺れたかと見るまに、突然パッと灯りが消えた。奇怪な消え方である。 「……?」 対馬守は、咄嗟にキッとなって居住いを直すと、書院のうちの隅から隅へ眼を放ち乍ら、静かに闇の中の気配を窺った。 ——オランダ公使から贈 …
作品に特徴的な語句
うご てて なぐさ かたわ あか 四時ななつ 嬰児やや しる いさ いで おり あや 短銃たんづつ さげ つか 首級しゅきゅう おお たて つむり もう 砂礫じゃり おのず うら がえん ひそ うるお こうべ 水撒みずま いたわ はなはだ まなこ あやま むつま てつ 身縁みよ すう 夜中やちゅう 夜啼よな 血腥ちなまぐ ゆか 座右ざう おび 御寝ぎょしん うなず 蕭々しょうしょう みなぎ ほり 煮込にこ よし 痛罵つうば しわ にら 睫毛まつげ 矢庭やにわ 短檠たんけい すずり けが うかが しょう はず 筋違すじかい 粗相そそう みだ 納戸なんど 紙料しりょう 紙燭ししょく ののし 近侍きんじ 黙然もくねん 鳥目ちょうもく すし 鬱積うっせき 饑饉ききん 颯爽さっそう かえり 頃中ごろじゅう ころ おもて しずく へだ すみ やみ 銃音つつおと 道弥みちや 逸早いちはや 這入はい みち 行灯あんどん よみがえ 若侍わかざむらい 見咎みとが