“睫毛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まつげ99.7%
マツゲ0.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“睫毛”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語30.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語6.8%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは明かに可笑おかしさのあまり駈け出して来ようとするなみだ睫毛まつげの境いで追い返すための努力を示していた。
踊る地平線:09 Mrs.7 and Mr.23 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
いつも微笑を浮かべていたが、睫毛まつげの隠れてる赤い眼瞼まぶたの下の眼は、深く落ちくぼんできりのように鋭かった。
読みへし、我が睫毛マツゲには、
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)