“臑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すね74.2%
ずね25.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女はも足も露わのまま起ちあがった。そして、自分のこうした思い付きが我ながら子供ッぽく思われて、彼女は思わず微笑んだ。
初雪 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
頬白かゞ菜種枯蓬てゝたいのかをしなやかにつて活溌びおりた。さうしてつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
正勝はぱっと身を翻して、鞭をぴしりっと敬二郎の向こうに打ち込んだ。瞬間、敬二郎の投げつけた腰掛けが正勝の肩に当たって落ちた。
恐怖城 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
八「笑かせアがらア、若大将に胡麻すりアがって脊負のくせに、割前が出ねえと思ってけアがると向うぶっかれねえ用心しやアがれ」