恐怖城きょうふじょう
第一章森谷牧場の無蓋二輪の箱馬車は放牧場のコンクリートの門を出ると、高原地帯の新道路を一直線に走っていった。馬車には森谷家の令嬢の紀久子と、その婚約者の松田敬二郎とが乗っていた。松田敬二郎が牧場の用事で真駒内の種畜場へ出かけるのを、令嬢の紀 …
作品に特徴的な語句
あてが くゆ すり 黒馬あお うたぐ つぼ 茶碗ぢゃわん めく 手摺てす 手拭てぬぐ 態度ものごし ざま けえ こら ちげ すさ まく こさ ぬぐ さいな こす ほう ずね きゃく つか 耳朶じだ はじ ちょう 干乾ひぼ またが 岩戸いわど 小笹こざさ 蹴上けあ 正勝まっか 身動みじろ まか 大変てえへん 泥濘でいねい ひそ かたき 土埃つちぼこり 潮騒しおざい いたわ あかり 厩舎きゅうしゃ しか 痛痒いたがゆ 雪崩なだ とげ 理由わけ つた つめ 葦毛あしげ 葉間はあい 葉蘭はらん さや とり 苦悶くもん 馳走ちそう 父娘おやこ 苛立いらだ いじ つぶ 花房はなぶさ じい すすき 自惚うぬぼ 牡丹ぼたん ひざ 腹這はらば 腹癒はらい わき 脱殻ぬけがら 物哀ものがな 脇腹わきばら わき さかな ねら ひじ 狼狽ろうばい さかずき うかが やつ