“白樺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらかば84.7%
しらかんば8.3%
しろかば2.8%
しらはり1.4%
がんび1.4%
ビリオザ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白樺の皮をにした殖民地式の小屋だが、内は可なりくて、を敷き、奥に箪笥柳行李などべてある。妻君い顔をして居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
白樺の下葉は最早落ちていた。枯葉や草のそよぐ音——殊にの葉の鳴る音を聞くと、風の寒い、日の熱い高原の上を旅することを思わせる。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
だつて、れにもはふとははない、あの石狩原野だの、高原落日白樺なにをへてもいゝなあ——それに五になるとあの白樺
追憶 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)
枝という枝は南向に生延びて、冬季に吹く風のさも思いやられる。白樺は多く落葉して、高く空に突立ち、細葉の楊樹るように低く隠れている。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それからはただ夕陽と白樺と残雪の世界である。丸太小屋にねつるべの井戸、も多い。
踊る地平線:01 踊る地平線 (新字新仮名) / 谷譲次(著)