追憶ついおく
また秋になつて、まち子夫婦は去年とおなじやうに子供の寢てる時の食後などは、しみ/″\と故郷の追憶にふけるのであつた。 今年もとう/\行かれなかつたと、お互に思ひながらも、それがさしてものなげきでなく、二人の心にはまた來年こそはといふ希望が思 …
作品に特徴的な語句
まど 母親マザー しやう 機會チヤンス くらい 外面ぐわいめん なを うま あひ 追憶つひおく みぢ をは たい 大道おほみち 青白あをしろ 紫色しゝよく まへ をつと 少女せうぢよ 空虚くうきよ など あひだ 日曜にちえふ はう 故郷こきやう 落日おちひ しよ とほ 蒼空あをそら きふ とほ をんな いへ 變化かはり あが やまひ 白樺しろかば 生活せいくわつ なに はひ まつた 罨法あんはふ はじ つゝ 去年きよねん 過去くわこ 壯健そうけん つう なさ こゝろ 彼女かれ 川柳かはやなぎ すは 幸福しあはせ 病院びやうゐん をとこ 現在げんざい 父樣とうさま 熱心ねつしん 秒間びやうかん うか 窓際まどぎは 札幌さつぽろ きこ ぐわつ もつと 曲折きよくせつ 肉體にくたい あか 自由じいう わか をり 思浮おもひうか した 快活くわいくわつ わすれ かなら 心持こゝろもち しん かれ よは うつた はな たゞ あは くらゐ なん 作法さはふ
題名が同じ作品
追憶 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)
追憶 (新字新仮名)宮本百合子 (著)
追憶 (旧字旧仮名)萩原朔太郎 (著)