“窄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すぼ57.1%
せま20.2%
つぼ10.7%
せば3.6%
せばま3.6%
1.2%
すく1.2%
すぼま1.2%
せまく1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
酒場の前を曲って遊園地の横手へ出ると、擦り切れた箒子を傍に立かけて、呆乎鉄柵に凭りかかっていた見らしい様子をした老人が
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)
同情を呈する事はず、んや、気宇の如くき攘夷思想の一流と感を共にする事、余輩の断じて為すこと能はざるところなり。
一種の攘夷思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
佐佐木氏は、三十一文字の講釈と、ビスケツトを食べるために、母親が態々産みつけたらしい口もとをめて言つた。夏目博士はにやりとした。
背をかがめ身をめでは入ること叶わざるまで口は狭きに、行くては日の光の洩るる隙もなく真黒にして、まことに人の世の声も風も通わざるべきありさま
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
更に見よ、漆のやうに鮮潤なりし髪は、後脳の若干の白きをへて、額に催せしの一筋長くはれるぞ、その心のれるならざるべき、んや彼のへる蔭はす暗きにあらずや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
狭心症ノ発作ニ似タ痛ミガ激シク胸ヲメツケタ。………アレカラ既ニ二時間以上経ッテイル筈ダガ、マダ血壓ガ下ラナイト見エル。
瘋癲老人日記 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
と指井が又肩をめて眼鏡の下から笑ひながら言つた。色の白い、口髭の生えた、立派な男ではあるけれど、何處か恁う奧のあるやうな、厭なところがある。
媒介者 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)
った谷底にいた彼らにとって、朝は、のようにかぶさる頭上の霧からゆっくり近づいていた。流れに沿って歩く彼らの足は速かった。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
に至る路は、その門はさし。その路を得るものなり」
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)