“箒子”の読み方と例文
読み方割合
ほうき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
酒場の前を曲って遊園地の横手へ出ると、擦り切れた箒子を傍に立かけて、呆乎鉄柵に凭りかかっていた見らしい様子をした老人が
日蔭の街 (新字新仮名) / 松本泰(著)