“箒屋”の読み方と例文
読み方割合
ほうきや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「この人のうちは、千束箒屋さんでね」朝野が言った。「ゆんべの客のようなのを早く帰そうと、箒に手拭をかぶせようと思っても、うち、箒だらけで、どれにしていいか……」
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)