如何なる星の下にいかなるほしのもとに
如何なる星の下に生れけむ、われは世にも心よわき者なるかな。暗にこがるるわが胸は、風にも雨にも心して、果敢なき思をこらすなり。花や採るべく、月や望むべし。わが思には形なきを奈何にすべき。恋か、あらず、望か、あらず……。 樗牛 ——アパートの三 …
作品に特徴的な語句
可憐かな ストリー おど じゅう やすら 人道じんみち なつか ビン がえ うつ あせ まつわ 上手かみて うら かか あが 華表かひょう しな くすぶ がわ ドサ しばらく おん 如何いかが やっこ なめ 最中さなか しゃが きたな あた おだ くう きびす くさ なら にべ こわ いま 彷徨ほうこう はじ 薄穢うすぎたな 山葵さび 支那シナ 小刻こきざ かん じゃ ほう 実家うち 嬌態きょうたい きら かげ やみ うらやま おぼ ひと 観物みせもの 奈何いか 塵埃じんあい 地方じかた 退 のが すい おく うさぎ つら みのる こぶ すま 渦巻うずまき ぎゅう 付近そば 郷愁きょうしゅう 下手しもて がん