“箒星”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうきぼし83.3%
はうきぼし16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毎夜東の空に当って箒星が見えた。がいい出したか知らないが、これを西郷星と呼んで、先頃のハレー彗星のような騒ぎであった。
思い出草 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
箒星一つ空にあらわれても、すぐそれを何かの前兆に結びつけるような村民を相手に、ただただ彼は心配をわかつのほかなかった。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
僕がまだ子供で彗星を見た時分には、田舎の事でまだまだ開けなかつたものだから、村の人間がしきりと箒星は凶事のだと云つて心配するのさ。
朧夜 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
烏賊釣舟のが、ちやうど電気玉をならべたやうにみえ、そして、茂作の屋根の上のあたりの空には、きれいな金色の尾をひいた箒星がひとつ、きらきらと光つてをりました。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)