小熊秀雄全集-14おぐまひでおぜんしゅう-14童話集どうわしゅう
此所にトムさんと言ふ至つてお人好しの農夫がをりました、この村の人達は余りお人好しの事をトムさんのやうだとよく言ひますが、全くトムさんはお人好しでした。随分よく働きます。それに無口で大力で正直で何ひとつも欠点がありませんでしたが、唯そのお人好 …
作品に特徴的な語句
はづ とめ たづ 岩窟いはや 失敗しまつ 尾行つい おひ しめ 可笑かし どろ 小人こども 徹宵よどほし かへ 職業しやうばい 花粉はなこ 間柄げんえ おく つかま きもの あたたか 衣装ころも をか あつま わき 凝視みつめ 周囲まはり うづ こら かべ 如露ぢよろ 宝物はうもつ うしろ 怖気おぢけ 木鼠もづ 清浄きれい 発見みつけ 秣桶まぐさをけ 道化どけ うを どり 一畦ひとうね 上衣うはぎ 吃驚びつくり くは おと わたし あね えん 対手あひて 尻尾しつぽ 岩燕いはつばめ 手際てぎは 明日あした 機械からくり 玩具おもちや しら たらひ 箒星はうきぼし 美味おい 翌日あくるひ 翌朝あくるあさ 花園くわゑん 行衛ゆくゑ 街端まちはづ 酒場バー 里程みちのり 野牛のうし くは かれひ 一塊ひとかたまり 下知げち ぬし 乾藁ほしわら 仇討あだうち 低頭じぎ 何処どこ 何時いつ 何歳いくつ そば 共謀ぐる もた きず 単衣ひとえ うまや 吐鳴どな 呑気のんき 呼吸いき 咽喉のど くちばし