“花粉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くわふん45.5%
かふん27.3%
おしろい9.1%
こな9.1%
はなこ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かさに滿たされた空氣くするやうに、はひら/\とまずきながらのやうな花粉らしてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
稲の花粉だってやっぱり僕らが運ぶんだよ。それから僕が通ると草木はみんな丈夫になるよ。悪い空気も持って行っていい空気も運んで来る。
風野又三郎 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
花粉花簪児を売っている化粧品店がそのちかくにあった。そこには一人の老婆がいて店頭に腰をかけていた。世高はそこへ入って往った。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
こて/\と薔薇の花粉で拵らへた白粉を、まだらに塗つてをりました。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)