“発芽”の読み方と例文
旧字:發芽
読み方(ふりがな)割合
はつが100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“発芽”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓12.5%
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この出された種子は、その巣の辺で発芽はつがするか、あるいは雨水あまみずに流され、あるいは風に飛んで、その落ちつく先で発芽する。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
一 これは正しいものの種子しゅしゆうし、そのうつくしい発芽はつがつものである。