“花冠”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなかむり33.3%
はなかんむり33.3%
かかん16.7%
くわくわん16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花冠”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学8.3%
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、マチルドの花冠はなかむりを平手で押しつぶすだけの暇で、また、行列は動き出す。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
バアナアード・シヨウの『シイザアとクレオパトラ』を読んだ人は、その二幕目でシイザアによろひを着せようとする拍子に、花冠はなかむりがとれて、この英雄の禿頭がひよつくり顔を出すと、目ざとくそれを見つけたクレオパトラが、
色のまつ白い美しい王女は、金色の髪に、うす青いすゐれんの花冠はなかんむりをつけて、かげろふでこしらへた、銀色の着物を着てゐました。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
たちどころに、王は麻酔におち、柴進は王の着ていた錦袍きんぽうたい、剣、はかま、たび、そして花冠はなかんむりまですっかり自分の体に着け換えてしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
花のもとの緑萼りょくがくは五尖裂せんれつし、花冠かかん高盆形こうぼんけい花面かめんれつ輻状ふくじょうをなしている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
この花冠かかんは非常に日光に敏感びんかんであるから、日が当たると開き、日がかげるとじる。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
彼女の大きい面帕かほぎぬ花冠くわくわんのやうにひろげます。