“花冠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなかんむり33.3%
はなかむり33.3%
かかん16.7%
くわくわん16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
色のまつ白い美しい王女は、金色の髪に、うす青いすゐれんの花冠をつけて、かげろふでこしらへた、銀色の着物を着てゐました。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
その二幕目でシイザアにを着せようとする拍子に、花冠がとれて、この英雄の禿頭がひよつくり顔を出すと、目ざとくそれを見つけたクレオパトラが
この属名の Platycodon はギリシア語の広いの意で、それはその広く口をけた形の花冠づいて名づけたものである。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)