“花片”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなびら97.6%
かへん1.2%
はなひら1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しばらくすると、毛蟲が、眞白になつて、にも、にも、花片らしてつてるゝ。幾千ともらない。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
花の外面に多くの白毛が生じており、六花片(実は萼片であって花弁はなく、萼片が花弁状をなしている)の内面は色が暗紫赤色している。花内多雄蕊多雌蕊とがある。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
大方この花片は、町方から逃げて来て、遊んでいるのでございましょう。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)