“花片”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなびら97.3%
かへん1.4%
はなひら1.4%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花片”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先生の別荘風の家は四角く肥えて一弁二弁、花片はなびらの端を外へくり返している薔薇のつぼみのように見えました。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
くいしばっても、閉じても、目口に粉雪こゆきを、しかし紫陽花あじさいの青い花片はなびらを吸うように思いました。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
花の外面に多くの白毛が生じており、六ぺん花片かへん(実は萼片がくへんであって花弁はなく、萼片が花弁状をなしている)の内面は色が暗紫赤色あんしせきしょくていしている。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
かすみも霧もかかりませんのに、見紛みまごうようなそれらしい花のこずえもござんせぬが、大方おおかたこの花片はなひらは、うるさ町方まちかたから逃げて来て
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)