“亂”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
みだ85.9%
らん7.8%
みだれ4.7%
1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しばらくすると、毛蟲が、眞白になつて、にも、にも、花片らしてつてるゝ。幾千ともらない。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
して心服らじ、しかする命令はれで、らむには、國家とならむこと、憂慮しく
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
かくの如く師はその額にをみせて我をおそれしめ、またかくの如く痛みはたゞちに藥をえたりき 一六—一八
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
經文讀誦抹香くさくなりて、らしきひはかるべしとひしに、やうのぶりもなく、柳髮いつも高島田げて、えりにださぬみのよさ
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)