“はなかんむり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
花冠66.7%
翠花冠33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
色のまつ白い美しい王女は、金色の髪に、うす青いすゐれんの花冠をつけて、かげろふでこしらへた、銀色の着物を着てゐました。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
たちどころに、王は麻酔におち、柴進は王の着ていた錦袍、剣、はかま、たび、そして花冠まですっかり自分の体に着け換えてしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わすれな草の花冠をつけて、にじでこしらへた、硝子のやうにすきとほつてゐる、きら/\光る着物を着て、くびに真珠のくびかざりをつけ、金の帯を結んでゐました。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
そしてはや、楽府の仙楽と満庭の万歳のうちに式を終って、今しも袞龍錦衣のお人影が、侍座玉簪や、侍従の花冠と共に椅子をお立ちあらんと見えたときであった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)