“はなかんむり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
花冠66.7%
翠花冠33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
色のまつ白い美しい王女は、金色の髪に、うす青いすゐれんの花冠はなかんむりをつけて、かげろふでこしらへた、銀色の着物を着てゐました。
湖水の鐘 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
たちどころに、王は麻酔におち、柴進は王の着ていた錦袍きんぽうたい、剣、はかま、たび、そして花冠はなかんむりまですっかり自分の体に着け換えてしまった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
翠花冠はなかんむりにせ役人、玉座ぎょくざの屏風の
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)