“蘖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひこばえ83.3%
ひこば16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なよなよと萌え出した優雅なの葉は、微かな微かな空気の流動と自分の鼓動とのしおらしい合奏につれて、目にもとまらぬ舞を舞う。
地は饒なり (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
大木、灌木、深く交差した枝、高い草、皆陰惨な存在を保っている。荒々しい群れはそこに、目に見えざるものが突然姿を現わすのを見る。
花はしをれぬ、えし青葉は落ちぬ
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)