“枸杞”の読み方と例文
読み方割合
くこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
片隅の枸杞の枝に、小さな実が所々残っていて、赤く艶々と光っていた。あの朝は、順一が生れた時は、薄紫の花が咲いていたっけ。
幻の彼方 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
墓地へ入って行くと、そこだけがぬけたようにそっくりしていて、外人墓地と隣りあわせた天主教墓地の低い枸杞の生垣の中に
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
毒にはなりますまい、何事もなかった処を見ると、枸杞の花だったかも知れません、白く、細かくて、枸杞は薬だといいますから。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)