“鯵”の読み方と例文
読み方割合
あじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ぜんまいの甘煮と、芝蝦南蛮煮などはどうです。小丼酢取り。若布独活をあしらって、こいつア胡麻酢でねがいましょう」
顎十郎捕物帳:16 菊香水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
もろの開き、うるめの目刺など持ちましては、飲代にいたしますが、その時はお前様、村のもとの庄屋様、代々長者の鶴谷喜十郎様
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お国は、取っておいたに、塩を少しばかりって、鉄灸で焼いてくれとか、漬物は下の方から出してくれとか、火鉢の側から指図がましく声かけた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)