“鯵”の読み方と例文
読み方割合
あじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お国は、取っておいたあじに、塩を少しばかりって、鉄灸てっきゅうで焼いてくれとか、漬物つけものは下の方から出してくれとか、火鉢の側から指図がましく声かけた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
膳の上にあるのは有触ありふれたあじの塩焼だが、ただ穂蓼ほたでを置き合せたのに、ちょっと細君の心の味が見えていた。主人ははしくだして後、再び猪口を取り上げた。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
たぶんあじだろうとにらんだが、鯵ならもうしゅんを過ぎているし、フライにしてからだいぶ時間も経つらしい。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
栄螺さざえや、とこぶし、もろあじの開き、うるめいわしの目刺など持ちましては、飲代のみしろにいたしますが、その時はお前様、村のもとの庄屋様、代々長者の鶴谷つるや喜十郎様
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ぜんまいの甘煮うまにと、芝蝦しばえび南蛮煮なんばんになどはどうです。小丼こどんぶりあじ酢取すどり。若布わかめ独活うどをあしらって、こいつア胡麻酢ごますでねがいましょう」
顎十郎捕物帳:16 菊香水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ふんどし一つきりの裸体の漁夫が、井端で、大漁のあじを干物に割いていた。
月明 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
あじ醤油干しょうゆぼし 秋 第二百十八 あじ料理
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
あじかしらん」
(新字新仮名) / 岡本かの子(著)
あじもの 秋 第二百十八 あじ料理
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
歌舞伎の所作事しょさごとの物売と言えば、まず、乗合船の『白酒売しろざけうり』。法界坊の『荵売しのぶうり』。それから団扇売、朝顔売、蝶々売。……魚のほうでは、立花屋の『あじ売』『松魚かつお売』てえのがあるが、小鰭の鮨売というのはまだ聞かない。
顎十郎捕物帳:22 小鰭の鮨 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)