“胡麻酢”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごます75.0%
ごまず25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“胡麻酢”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
庸三はあゆ魚田ぎょでんに、おわん胡麻酢ごますのようなものを三四品取って、食事をしてから、間もなくタキシイをやとってもらった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
南瓜とうなす胡麻酢ごます 秋 第二百十 南瓜とうなす料理
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
冬瓜とうがん胡麻酢ごまず 秋 第二百十一 野菜の煮物
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)