“独活”のいろいろな読み方と例文
旧字:獨活
読み方割合
うど92.3%
アスパラガス5.1%
ウド2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ぜんまいの甘煮と、芝蝦南蛮煮などはどうです。小丼酢取り。若布独活をあしらって、こいつア胡麻酢でねがいましょう」
顎十郎捕物帳:16 菊香水 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
順々に運ばれる皿数の最後に出た独活を、瑠璃子夫人がその白魚のやうな華奢な指先で、み上げたとき、彼女は思ひ出したやうに美奈子に云つた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
独活谷、蔭ノ谷、小屋ノ谷……と支谷を渡るごとに、戸を開けた形に現われる空間を仰いで、ろくに見えない源流の山影を求め、小鳥の寝ざめのささやきに和して
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)