“アスパラガス”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
独活66.7%
松葉独活33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
順々に運ばれる皿数コーセスの最後に出た独活アスパラガスを、瑠璃子夫人がその白魚のような華奢きゃしゃな指先で、つまみ上げたとき、彼女は思い出したように美奈子に云った。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
左程大くはないと云ってもたけ六尺はあるふきや、三尺も伸びたよもぎ、自然生の松葉独活アスパラガス、馬の尾についてえると云う山牛蒡、反魂香と云う七つ葉なぞが茂って居る川沿いのこみちを通って、斗満橋のたもとに出た。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)