“鏤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちりば88.8%
ちり4.8%
1.6%
ちりばめ0.8%
えり0.8%
0.8%
きざ0.8%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この壁柱星座え、白雲がり、藍水つて、め、下草おのづから、浮彫したるく。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
暫く遊んだ牧人が小みをしに傍の叢に横わったとき、その全身にばめられたように輝く露の珠は、何と奇麗でしょう。
寄附金の額をりつけた石塔や札も、成田山らしく思えた。笹村は御護符や御札を欲にかかって買おうとするお銀をき立てて、じきにそこを出た。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
昼を短かしとする文明の民の夜会には、あらわなる肌にたる宝石がり幅をかす。金剛石は人の心を奪うがに人の心よりも高価である。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
家が近所にあったところから、いおりの馴染であった、おかなと云うその女が、まだ東京で商売に出ている時分、兄は女の名前を腕につけなどして、嬉しがっていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
丹精こめたもなく、の月をつて御足の台とすることがかなひませぬならば、わたくしのを噛むかかとの下に置くでござりませう、いとさはに罪を贖ひたまふ、栄光ある女王さま
諄々黒暗てあなたの様な知りの御方に浅墓心入愛想つかさるゝもおそろし、さりとて夢さら御厚意にするにはあらず、やさしき御言葉は骨にんで七生忘れませぬ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
おれは何でもこれは福の神に違いないと思っていて行って見ると、この街の真中の四辻に来て神様は、地面の上を指してそのまま消えてしまった。見るとそこには金剛石めた金の指環が……
正夢 (新字新仮名) / 夢野久作萠円(著)
彼は先にひし事の胸にられたらんやうに忘るるはざるさへあるに、なかなか朽ちも果てざりし恋の更に萠出でて、募りに募らんとする心のは、ふるに痛苦して、一歩は一歩より
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)