“ちり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チリ
語句割合
88.8%
地理2.5%
1.8%
1.8%
1.4%
1.4%
塵埃1.1%
塵埃塚0.2%
屍体0.2%
微塵0.2%
0.2%
菽乳羮0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
取り付きの角の室を硝子窓から覗くと、薄暗い中に卓子のまわりへ椅子が逆にして引掛けてあり、もかなりっている様子である。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
うと、四五十二、四六十三、四七——オヤ!そんな割合では二十にならないわ!けど、乘算九々にならないのね。今度地理よ。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
よりえて、引傾りと代物れのなるしで、一尺りの奈何
鑑定 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
十月もなかばを過ると、落葉の早い碧梧桐、朴、桜などはんど尽し、の樹木も枝がうすくなって、透いて見える秋の空がくっきりと高かった。
果樹 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
夏の日にされて、墓地の土は白く乾いて、どんなかな風にもすぐが立ちさうである。の記憶も矢張この白い土のやうに乾いてた。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
に迷いて御堂にしばしわんと入れば、銀にばむ祭壇の前に、空色のを肩より流して、黄金の髪に雲を起せるは
薤露行 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
塵埃が山のように積っていたが、をかけ雑巾をかけ、雨のしみの附いた破れた障子をり更えると、こうも変るものかと思われるほど明るくなって
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
あちこちで塵埃塚のなかからパンの皮を掘り出し、それをふいてから食べ、終日で溝をかきまわしては一文二文をり、楽しみとしてはただ、国王の祝日の無料の見世物と
死刑囚最後の日 (新字新仮名) / ヴィクトル・ユゴー(著)
ナイシイの屍体は、地の虫どものなかに朽ち果てよ。
ウスナの家 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
和「うるさいの、えゝゝこうッと、大きなものですなア、金三十四両二分と七百四十八文に成りますが、旦那様大きなものですなア、微塵積って山となるのの通り、十年で是程になります」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「見やしないけれど、着物の上からでも大概分るさ。先からだったけれど、この頃は又膨れて来たね」
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
いや、色氣どころか、ほんたうに北山だ。……どうふだ。が、家内財布じりにつてて、安直があれば、……魴鮄でもいゝ、……くは菽乳羮にしたい。
湯どうふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)