死刑囚最後の日しけいしゅうさいごのひ
ビセートルにて 死刑囚! もう五週間のあいだ、私はその考えと一緒に住み、いつもそれと二人きりでおり、いつもその面前に凍えあがり、いつもその重みの下に背を屈めている。 昔は、というのもこのいく週かがいく年ものように思われるからであるが、昔は私 …
作品に特徴的な語句
ほう そこ 容易やす こご しわが 寡婦かふ ひさし いま 息吹いぶき 気色きしょく あび 瀝青れきせい ごう みが 破家やぶれや 磔刑たっけい きよ 見栄みば ごと ふう 饒舌じょうぜつ 一瞥いちべつ 不憫ふびん 不逞ふてい 世迷よま 会釈えしゃく 僭有せんゆう 凄惨せいさん しぼ 出来しゅったい やいば 反駁はんばく 呵責かしゃく 喝采かっさい ささや とら ほこり 威嚇いかく 宥恕ゆうじょ 寂寞せきばく 富籤とみくじ しかばね あが 左袒さたん 布巾ふきん すた 微笑ほほえ うら 慇懃いんぎん 懐炉かいろ 懺悔ざんげ こぶし 拳固げんこ とら おきて 接木つぎき おの 昏睡こんすい 暖炉だんろ 格子こうし さん 梯子はしご にれ 構桁こうげた おり 残喘ざんぜん なんじ けが 溝縁みぞぶち 滑稽こっけい あさ 灰燼かいじん からす 烙印らくいん 無辜むこ 煉瓦れんが 狡猾こうかつ 猥褻わいせつ 生命いのち いぼ 痙攣けいれん こぶ 真摯しんし 眩暈めまい 睫毛まつげ まぶた 科人とがにん