“布巾”の読み方と例文
読み方割合
ふきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
K氏の本の中には「東京の料理屋はすっぽんを料理するには、すっぽんに布巾えさせて、頭を引き延ばして首を落として庖丁する」
料理一夕話 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
弟子は大きな銅鉢に、何かの薬をいつぱい盛つて、布巾を添へて持つて来た。ソン将軍は両手を出して鉢をきちんと受けとつた。
北守将軍と三人兄弟の医者 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
亭主は食べった茶碗に湯を注ぎ、それを汁椀にあけて飲み尽し、やがて箱膳の中から布巾を取出して、茶碗もも自分でいて納めた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)