“箱膳”の読み方と例文
読み方割合
はこぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お兼 (登場。箱膳の上に徳利を載せて左衛門の前に置く)お待ち遠さま。ひもじかったでしょう。さあおあがりなさい。(徳利を持つ)
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
亭主は食べった茶碗に湯を注ぎ、それを汁椀にあけて飲み尽し、やがて箱膳の中から布巾を取出して、茶碗もも自分でいて納めた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
りのげた箱膳に、沢庵四きれ、汁一、野菜の煮しめが一皿ついて、あたりに人はなしといえども、それをあぐらで食うわけにはいかない。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)