“箱丁”の読み方と例文
読み方割合
はこや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
貞之進は貰うのが何か訳分らずに首肯いて居ると、名ざしの事なり貰えと云うからは、お馴染のことゝ婢は呑込んで、すぐに向河岸へ箱丁を走らせた。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
それにはすれ違う芸妓でも箱丁でも一人として知った顔がなく、一人として天下の西巻金平を問題にするものがありません。——みんな知らん顔でそばを通って行きます。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
箱丁のパッチが、汗を拭き拭き、亥歳にちなんで盲目滅法に飛んで行く、まだ宵の口の金春町。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)