春泥しゅんでい
……渡しをあがったところで田代は二人づれの若い女に呼びとめられた。——小倉と三浦とはかまわずさきへ言問のほうへあるいた。 「何だ、あれ?」 すぐにあとから追ッついた田代に小倉はいった。 「あれは、君……」いいかけて田代は「慶ちゃん、君は知っ …
作品に特徴的な語句
じょ ぐれえ 境界けいかい こわ 地方たび 中間なか 身上しんしょ そら うわ 光景けしき うべな ちゅう 以前むかし くれえ 湿 へえ そそ きれ 華奢はで 一寸ちょいと 一日いちんち 饒舌しゃべり あが 今日こんち 急須きびしょ きっ だね かんげ じょう めえ つき 土地しま くう げん 稼業しょうばい 日限ひぎり 以前まえ ぬか 頭髪あたま 狼狽あわ 頓驚とんきょ 給金しんしょう ひと 平生ふだん 神代こうじろ ちげ 前方まえ がえん 毎日まいんち 此方こっち ぱら はず がら らく 大根おおね 失策しま 挙止とりなし 投遣なげやり 技倆うで 手焙てあぶ せつ ふる 明日あした より にく まとま 羽交はがい れん けえ 石鹸シャボン こう やに にべ 芟除せんじょ 枯々かれがれ 始終しょっちゅう 女形おんながた ぶき ふて しか 風流みやび 今度こんだ 千住こつ 退 利方りかた 気味きび 仕向しむけ 流行はやり 先方むこう つら たぎ 俥夫くるまや
題名が同じ作品
春泥:『白鳳』第一部 (新字旧仮名)神西清 (著)