“大根”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だいこん39.3%
だいこ23.6%
おおね23.6%
おほね6.7%
オホネ3.4%
でいこ1.1%
でこん1.1%
ダイコ1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ありったけの大根らずやってしまったので、馬吉はあとをもずに、の口をぐいぐいっぱって、してこうとしました。
山姥の話 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
けた大根かぬかなであつた。おけば一枚紙がすやうによくなることゝ確信した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
大根はといえば好なんだから唐物屋なら唐物屋で、もっと給料を出すからといったところで、役者をやめて其方へ行きやしません。
久保田米斎君の思い出 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
姉君、こよなうし、さきよりこれ欲しうおもひたるにとて、心地よげに飲み給ひ、常はえまゐらぬまだしき大根まゐるもをかし。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
此狂女なども大根に、自然でない処があるのですから、いつそもつと、芸術的な狂ひを見せる様な調節を、鹿島踊りの上に加へて下さつてよかつたのだ、と存じます。
芝居に出た名残星月夜 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
それにの時喰った大根さ、此方の大根は甘味があってえ、それに沢庵もおつだ、細くって小せえが、甘味のあるのは別だ、自然薯も本場だ、こんな話をするとか喰いたくなって堪らねえ
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「よほど大根がおッなようじゃな。で、枕崎に——」
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
栄さんは「大根」という子供を主題した独得の小説をかきました。これは面白い。稲ちゃんは地方新聞に長篇をかいています。これもよい修業です。