“大根畑”の読み方と例文
読み方割合
だいこんばたけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「へエ、大根畑(本郷新花町)に世帶を持つて居ましたが、亭主の文七がやくざで三年前に別れて了ひました」
切通しの坂をのぼりきッた所で、このあたり根生院の森と棟梁屋敷の黒塀を見るほか、明りらしいものは、湯島新地大根畑の中にチラホラする隠し売女の何軒かが数えられるに過ぎません。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それから麦畑をぐるぐる廻る、の手に大根畑を走り抜ける、蜜柑山をまっりる、——とうとうしまいにはの穴の中へ大男の半之丞を振り落したまま、どこかへ行ってしまいました。
温泉だより (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)