“大根卸”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おろし25.0%
だいこおろ25.0%
だいこおろし25.0%
だいこんおろ12.5%
だいこんおろし12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大根卸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大根卸おろしで食わする鮏卵はららごは無造作にして気が利きたり。
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
大根卸おろしで食はする鮏卵はらゝごは無造作にして気が利たり。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「そんなにジャムを甞めるんですかまるで小供のようですね」「ジャムばかりじゃないんで、この頃は胃病の薬だとか云って大根卸だいこおろしを無暗むやみに甞めますので……」「驚ろいたな」と迷亭は感嘆する。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
餅を沢山食べ過ぎた時大根卸だいこおろしを喫するとたちまち胸がすくのもその訳だ。心太ところてんを食べて黄粉きなこめると心太が溶けてしまうし、牛肉を食べた後にパインナプルを喫すると消化が速い。試みに牛肉へパインナプルの汁をかけておくと肉が溶けて筋ばかり残るそうだね。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
それにしても今頃何の必要があつて、隣りのへや大根卸だいこおろしを拵えてゐるのだか想像が付かない。
変な音 (旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
して時ならぬ今時分何しに大根卸だいこおろしこしらえやう。
変な音 (旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
別に美味おいしい鰹節の煎汁を拵えておいて薬味には大根卸だいこんおろしにきざねぎ焼海苔のんだものおろ山葵わさびなぞを牡蠣の上へせて今の煎汁をかけます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
だから咳が出ると生姜しょうがと水飴を混ぜて飲むではないか、芥子からしの辛いのは人を逆上させて秘結せしめるが大根卸だいこんおろしの辛いのは下剤になって逆上を引下げる。日本料理や惣菜そうざい料理を拵えるにも先ずその食物の性質を調べてから取合せをしなければならん。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
鉛筆のきずもの、刃物類を山のやうに積んで売つてゐたが、この中で私は大根卸だいこんおろしを一つ買つた。
イーサル川 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)