“切干大根”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きりぼしだいこん66.7%
きりぼしだいこ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若狭鰈——大すきですが、それが附木のように凍っています——白子魚乾切干大根の酢、椀はまた白子魚乾に、とろろ昆布の吸もの——しかし、何となく可懐くって涙ぐまるるようでした
雪霊続記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
名物切干大根いにほひをなつかしんで、手製ののり稚氣すべきことは、あの渦卷頬張つたところは、飮友達はばへ、なくなつたどもには褒美からうといふ
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
若狹鰈——すきですが、附木のやうにつてます——白子魚乾切干大根はまた白子魚乾に、とろゝ昆布もの——しかし、となく可懷くつてぐまるゝやうでした
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)