“切干”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きりぼし75.0%
きりぼ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
切干さずにしたのであつた。切干らねばだらけにらうがらうがしである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
もとの大笊の中にはきざんだ切干が水を切ってあり、沢庵桶からたくあんを出しかけていたところと見え、の中からたくあんが半分ほど顔を出している。
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
晩のに、乏しいと、大根の切干しとを、に入れて、彼女はやがてそこから出て来た。まだ三十前なのに、日吉を生んでからは、産後がって、いつも青い桃のように見える彼女の顔いろだった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)