“切干”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりぼし75.0%
きりぼ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“切干”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おつぎは庭葢にはぶたうへむしろいてあたゝかい日光につくわうよくしながら切干きりぼしりはじめた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
しな切干きりぼしきざおといたとき先刻さつきのは大根だいこあらつてたのだなとおもつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
晩のかてに、乏しいあわと、大根の切干きりぼしとを、ざるに入れて、彼女はやがてそこから出て来た。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)