“切干”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりぼし75.0%
きりぼ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おつぎは庭葢にはぶたうへむしろいてあたゝかい日光につくわうよくしながら切干きりぼしりはじめた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
しな切干きりぼしきざおといたとき先刻さつきのは大根だいこあらつてたのだなとおもつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ながしもとの大笊の中にはきざんだ切干きりぼしが水を切ってあり、沢庵桶たくあんおけからたくあんを出しかけていたところと見え、ぬかの中からたくあんが半分ほど顔を出している。
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
切干きりぼしもあらば供へよおきなの忌
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
晩のかてに、乏しいあわと、大根の切干きりぼしとを、ざるに入れて、彼女はやがてそこから出て来た。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)