“柚子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆず95.5%
みかん4.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美しい黄の色が眼を射ると思えば、小さな店に柚子が小山と積んである。何と云う種類か知らぬが、朱欒程もある大きなものだ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
刺身、酢の物などは、もってのほかのことであり、お吸物の中に柚子の一端、青物の一切が落としてあっても食べられない。
泉鏡花先生のこと (新字新仮名) / 小村雪岱(著)
頭に戴けるは「フイノツキイ」(俗曲中にて無遠慮なる公民を代表したる役なり)の假髮にて、目に懸けたるは柚子の皮をりぬきて作りし眼鏡なり。