“柚子湯”の読み方と例文
読み方割合
ゆずゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……六月土用の桃葉の湯は、端午の菖蒲湯、冬至の柚子湯とともに待たれているものなので、とうてい髪を洗うことなどはできなかったが、汗をながして出ると身が軽くなったようにさばさばとした。
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)