“懐炉”の読み方と例文
旧字:懷爐
読み方割合
かいろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
俺は風邪気味で、懐炉を背負って憮然と庭を眺めていると、遠くから大勢の声が近づいて来て、玄関の方でなにか口々に呼び合っている。
湖畔 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
此大きな無遠慮な吾儘坊ちゃんのお客様の為に、主婦は懐炉を入れてやった。大分ついたと云う。くなって風呂がいた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
あるいはなお数日生きながらえるとしても、最後のまぎわまでその懐炉の中に多少の温い灰がありさえすれば、なにも不平をこぼさないだろう。
死刑囚最後の日 (新字新仮名) / ヴィクトル・ユゴー(著)