“懐炉”の読み方と例文
旧字:懷爐
読み方(ふりがな)割合
かいろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるいはなお数日生きながらえるとしても、最後のまぎわまでその懐炉かいろの中に多少の温い灰がありさえすれば、なにも不平をこぼさないだろう。
死刑囚最後の日 (新字新仮名) / ヴィクトル・ユゴー(著)
そのまま、茄子なすひしゃげたような、せたが、紫色の小さな懐炉かいろを取って、黙ってと技師の胸に差出したのである。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
敬太郎はとうとうこの禅坊主の寝言ねごとに似たものを、手拭てぬぐいくるんだ懐炉かいろのごとく懐中させられて表へ出た。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「お爺様、さ、そして、懐炉かいろをお入れなさいまし、懐中ふところわたくしが暖めて参りました。母も胸へ着けましたよ。」
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
空魔艦は、少年のために懐炉かいろを入れておいたのであろうか。まさか、そのような親切が空魔艦の乗組員にあるはずがない。
大空魔艦 (新字新仮名) / 海野十三(著)
繃帯かへ終りて後体も手も冷えて堪へがたし。にわか燈炉とうろをたき火鉢をよせ懐炉かいろを入れなどす。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
此大きな無遠慮な吾儘坊わがままぼっちゃんのお客様の為に、主婦は懐炉かいろを入れてやった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
武石峠は今零度ほどの寒さでしょう。松本で真綿を買って、くびいておいでなさい。懐炉かいろをもっておでなさい。腰と足とを冷さねば大丈夫です。金剛杖はよい物をもってお出でなされた。
雪の武石峠 (新字新仮名) / 別所梅之助(著)
眼がめたら、昨夜ゆうべいて寝た懐炉かいろが腹の上で冷たくなっていた。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
例えば『永代蔵』では前記の金餅糖こんぺいとうの製法、蘇枋染すおうぞめ本紅染ほんもみぞめする法、弱ったたいを活かす法などがあり、『織留』には懐炉かいろ灰の製法、鯛の焼物の速成法
西鶴と科学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)