湖畔こはん
この夏、拠処ない事情があって、箱根蘆ノ湖畔三ツ石の別荘で貴様の母を手にかけ、即日、東京検事局に自訴して出た。 審理の結果、精神耗弱と鑑定、不論罪の判決で放免されたが、その後、一ヵ月も経たぬうちに、端無くもまた刑の適用を受けねばならぬことにな …
作品に特徴的な語句
いずく はした いたわ ひけ つか もじ ひら 膝行にじり 垂下さげ 御寝おしずまり たわけ かお たかぶ 夫人おく 惹起ひきお 蹉跎あしず なきがら 仰言おお 夫人おくさま しなや いと まご とき ひろ 左様そう 忘恩イングレート こわ じょう まず まく 書机しょき 本色ほんいろ 清々せいせい 状師じょうし 申述しんじゅつ つむ しぐさ さか はぎ 腕車わんしゃ なじ 諄々くどくど 蹌踉よろめ 迸出へいしゅつ 逆上のぼせ 一揖いちゆう 三進さっち 下司げす 下屋しもや 不味まず 二進にっち くだん 俯向うつむ 倫敦ロンドン 傀儡かいらい 内侍ないし 冴々さえざえ 凝滞ぎょうたい 剥離はくり 創痍そうい 剽竊ひょうせつ 勁抜けいばつ 口合くちあい 口措くちお 商賈しょうこ 噴出ふきだ 囹圄れいご らち 夢寐むび 夤縁いんえん 失敗しくじ 奥様おくさん 妬忌とき 嫋婉なよ 家傭かよう 小袿こうちぎ 峭崖しょうがい 嵌入かんにゅう かど 弓削ゆげ 引擦ひきず 引攣ひきつ 怯懦きょうだ 恤兵じゅっぺい 悒々ゆうゆう 愛眷あいけん 慴伏しょうふく 懐炉かいろ ものう 戸外そと 拠処よんどころ 括枕くくりまくら こまぬ 捏造ねつぞう あやつ