“拠処”のいろいろな読み方と例文
旧字:據處
読み方(ふりがな)割合
よんどころ75.0%
よりどころ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拠処”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻1.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
拠処よんどころなく物を云うにも、今までの無遠慮に隔てのない風はなく、いやに丁寧に改まって口をきくのである。
野菊の墓 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
派出婦をしていたころ男に押えつけられれば拠処よんどころなくその意に従った。
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
それにつけて、この頃、綾子刀自の素性すじょうのことについて、いろいろうわさを聞いたり、また新聞などで見たりしますと、元、料理屋の女中であったなど、誰々のめかけであったなどというようなことが伝えられているが、そういうことは皆間違いで一つも拠処よりどころがない。