“拠無”のいろいろな読み方と例文
旧字:據無
読み方(ふりがな)割合
よんどころな75.0%
よりどころな25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拠無”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
拠無よんどころなくこのかしつけ、ないたらこれを与えてくれと、おもゆをこしらえて隣家の女房に頼み
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
わたくしけっしてきみたいして立腹りっぷくいたさんので、病気びょうきなれば拠無よんどころないのです、おさっもうすですよ。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
遣れば火に入る虫のあやふく、捨つるは惜くも、やがて好き首尾の有らんやうに拠無よりどころなき頼をけつつ、彼は懊悩おうのうに堪へざる毎に取出でては写しふるかたは
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)