“拠点”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょてん75.0%
よりどころ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拠点”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なお、中国の攻略、四国の征定など、将来の大計を考えれば、姫路城に拠点きょてんをおくことの利は、議論の余地もない。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いまはみじめな敗走をつづけ、さいごの拠点きょてんを必死にさがし廻る一法師武者直義だった。しかし桃井直常、石堂頼房、上杉憲顕のりあき、そのほか、味方は四散したままで、すでに箱根は敵にふさがれていた。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「君。想像は禁物だよ。チャンとした拠点よりどころのある証言を基礎として考えなくちゃ……」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
PR