“拠陣”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょじん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“拠陣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「こよい、祁山きざんの西方に炎々の火光を見る時こそ、蜀兵がわが火計にかかって、その本陣を空虚にした時である。空赤く染まる時を合図として、孔明の拠陣きょじんへ向って突っ込め」と、激励した。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)